このところ、私の顔面は呪われています(;_:)



まず最初のハプニングは、

アルの散歩中に、、、
ε=ε=(;´Д`)


いつもの様に公園を散歩中、
前方に小さなわんこを連れた人を発見。

通常、小さなワンちゃんを連れた方は、
アルを見かけると、それとなく方向転換し去っていくものですが、、
その方は、何故かどんどん近づいてくる。
しかも、そのワンちゃんは、かなり興奮した状態で、キャンキャン吠えてるのに
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


そして、
「こんにちは。何歳ですか?」
キャンキャンキャン
(#`皿´) ガウーーーー!
「うちの子、すごく遊びたがってるみたい~」
ギャンギャンギャン
ヽ(#`Д´)ノカモーン


どう見たって、興奮し、犬歯むき出して怖がって威嚇してる
。゜(´Д`)゜。


そして、更に近づいてくる。
“いや~ん、やめて!!そんなに来ないで!”
心の中で叫びながら、両足を踏ん張り、リードを持つ両手に力をいれる。


最初は知らん顔をしていたアルも、今はそのおチビちゃんを静かに凝視。
。。。と、次の瞬間、アルが思いっきり前に飛び出した
ヽ(TдT)ノアカーン  ア~レ~


気が付いた時には、私は顔面から地面に叩きつけられ一回転。
リードを離してはいけないと、両手でしっかり持っていた為、
手を着くことができずの万歳ダイビング状態
。・゚・(ノД`)マジカ



IMG_2860私は、おでこから鼻、口にかけてズル剥けてしまった
(;_:)

この写真は、1週間ほど経った状態。
おでこ、鼻の下は回復し、テープは外してます。


この怒り、どこへぶつけていいものか( ;∀;)


しかし、ここで皆様にアドバイスを一言☆
この、まるで鼻の整形でもしたかの様なテープは、皮膚科の先生が勧めてくれた「保湿療法」のテープ。
市販されている傷パワーパットの様な物。
最初に、顔のど真ん中を天の川の様にザザ~とついた傷を見た時、私、終わった~と半泣きでした。
ところが、このテープ、2~3週間かかり痕も多少残るかもと言われていた傷が、10日できれいに完治したのです。すっご~~~い♪

なので、もし擦り傷などの痕を残したくない場合は、患部をきれいに水洗いし、決して乾かさず抗菌作用のあるテープで保湿密閉しましょう。
私の場合も、テープを張った最初の頃は、傷を治す体液(浸出液)が大量に出て、テープが膨らんでいました。



そして、無事顔を取り戻した私は、
テープ、マスク、眼鏡から解放され平和に過ごしていたのですが、
悲劇は、静かに忍び寄ってきていました。
。・゚・(ノД`)




第2弾は、説明なくお写真をお見せします。







IMG_3110( ̄∠  ̄ )ノ

見ての通り、眉毛をそり落としてしまった。

















IMG_3106何でそんな事が???
と思われますよね。

友達と会う約束をしていた日の朝、
久々に眉の手入れでもしようと、
電動の眉シェーバーを出し、
付けたままにしていたアタッチメント(眉の長さをミリ単位で揃えてくれるアジャスター)を蓋と間違え外し、生刃むき出しの状態でジャーと思いっきり。。。
('A`|||)


手に響く聞きなれない感触と音に驚き、手を止めたけど、時既に遅し。
眉頭を麿の様に残した状態で、私の眉は消えていました。

こんな失敗あり得ませんよね~



無くした眉は、擦り傷を負った時の様な特効薬も無く、
今尚、ただただ生えてくるのを祈る毎日を過ごしています。



そして、この失敗から私が発見したことは、

土台のない眉を描くのは非常に難しいという事。



みなさんも、お気をつけ下され~~~