今年初、劇場で見た映画が2本とも大当たりでした\(^o^)/
どちらも、障害のある男の子を取り巻く、愛いっぱいのハートフルなストーリー。

今は、上映している劇場がかなり限られていますが、DVDは発売(又は近日発売)されてますよ~♪


1「シンプル・シモン」
スェーデン映画。
私的には、かなり大当たりの映画でした!
アスペルガー症候群の青年が主人公なのですが、とってもテンポがよく、笑いあり、涙あり。
これ以上の詳細は、これから見る方の為に控えますね
(^_^;)

スェーデン映画は、数は少ないですが、たまにBINGO(私の中で)な作品に出会えます。ハリウッド映画では出せない色があると言うか、映像がとてもきれい!そして、ストーリーが成熟しててCOOL☆この映画も、北欧の自然豊かなのどかさや幸福感と最新のデジタルでアートな部分が絶妙に融合してる(^^)v
そしてそして、何よりピュアなんです。


ほっこり映画がお好きな方にはお勧めですよ~♪







2そして、もう1本は、
「チョコレートドーナッツ(邦題)」

こちらはアメリカ映画で、
ダウン症の男の子とゲイのカップルの愛いっぱいの映画です。

最初、話の展開が早く、もう少し微細な心の交流と言うか変化に時間をかけて欲しいな~と思ったのですが、後半は、ずんずんハッっとする感じで胸にズギューンときます。
(濁音表現ばかりでごめんなさい。見た方には、この表現分かって頂けると思うのですが。。(^_^;))

今よりマイノリティに対しての偏見が強い40年位前の設定ですが、現代の社会でもまだ進行形の部分があるから、少なからず胸がチクリと痛くなるのかもしれません。
それにしても、男の子役のギャレット・ディラハント君の笑顔がサイコーでした。初映画とは思えない!
そして、アラン・カミングの歌がSO GOODです♪




~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~


クリックで救える命がある。

   ↑  ↑  ↑

クリックするあなたには一切お金の負担はかかりません。
(1クリック=1円